6月より東京23区の火葬料金が改定されます

23区内の6つの火葬場、町屋斎場、四ツ木斎場、桐ケ谷斎場、代々幡斎場、落合斎場、堀ノ内斎場での火葬料金が、
6月より改定され、実質若干の値上げになります。
火葬料はどのような葬儀においても必ずかかる費用です。杉並区のご葬儀で最も利用の多い堀之内斎場も含まれています。

いままでの火葬料:75,000円(非課税)+ 燃料調整費12,200円

6月以降の火葬料:90,000円(非課税)のみ、燃料調整費はなくなります

杉並区においては健康保険に加入している方が亡くなったとき、
葬儀を行った方に対して、申請により「葬祭費」(7万円)が支給されます。
他の23区自治体も同様です。こちらは今回の火葬料改定後も増額なく変わりません。
※助成申請には葬儀社などの証明(葬儀の領収書)が必要です。

故人や家族が勤めている企業の共済や組合などより「埋葬費」などが支給される事もあります。お勤めの企業にご確認ください。

愛典では明瞭な料金ご提示し、助成申請についても詳しくご説明いたします。葬儀や終活などについて何でもお尋ねください。また事前相談、内覧随時受付中です。

上部へスクロール